ウィキペディア、フリー百科事典から


フジイ陀羅尼助丸

商品説明

『フジイ陀羅尼助丸』

生薬由来成分からなり,日常よく起こる食べ過ぎ・飲みすぎ,胸やけ,胃もたれ,などを改善し,弱った胃腸の働きを活発にして,食欲や消化力を回復させます。


※ メーカー様の商品リニューアルに伴い、商品パッケージや内容等が予告なく変更する場合がございます。また、メーカー様で急きょ廃盤になり、御用意ができない場合も御座います。予めご了承をお願いいたします。

【フジイ陀羅尼助丸 詳細】

60丸中
オウバク軟稠エキス1000mgセンブリ末30mg
ゲンチアナ末500mgエンメイソウ末570mg
ゲンノショウコ末1000mg
添加物として 寒梅粉を含有。
原材料など
商品名フジイ陀羅尼助丸
内容量1980粒
販売者(株)藤井利三郎薬房
保管及び取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密封して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
 (誤用の原因になったり品質が変わる。)
用法・用量
次の量を食後に,水又はお湯と一緒に服用すること。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1回20粒:3回
11歳~14歳:1回13粒:3回
8歳~10歳:1回10粒:3回
5歳~7歳:1回6粒:3回
3歳~4歳:1回5粒:3回
3歳未満:服用しないこと


(1)用法及び用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)3歳以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意すること。
効果・効能
食欲不振(食欲減退),胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べ過ぎ(過食),飲み過ぎ(過飲),胸やけ,もたれ(胃もたれ),胸つかえ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐
ご使用上の注意
1.医師の治療を受けている人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
2.服用後,皮膚に発疹等の症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
◆ 医薬品について

◆医薬品は必ず使用上の注意をよく読んだ上で、 それに従い適切に使用して下さい。

◆購入できる数量について、お薬の種類によりまして販売個数制限を設ける場合があります。

◆お薬に関するご相談がございましたら、下記へお問い合わせくださいませ。

株式会社プログレシブクルー 072-265-0007
※平日9:30-17:00 (土・日曜日および年末年始などの祝日を除く)

メールでのご相談は コチラ まで

広告文責株式会社プログレシブクルー
072-265-0007
商品に関するお問い合わせ会社名:株式会社藤井利三郎薬房
問い合わせ先:お客様相談窓口
電話:0746(32)3025
その他:FAX.0746(32)3052 
区分日本製・第3類医薬品

■ 医薬品の使用期限

医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。

それ以外のものに関しては使用期限を記載します。


医薬品に関する記載事項

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー